5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クローバーの丘①

<ものがたり>
ある港町
その娘はいつも 一人で待っていた
希望は遠のき 消え失せて
それでも
遠くにいる 愛しい人を
ただ待っていた

愛することを夢みていたのか
愛されていたのかさえわからず
柘榴石(ざくろいし)のように心を堅く閉ざして

ある時 思いがけず
娘は 古い洋館を相続し
手に入れる事になる

戦前には
英国人親子が住んでいたらしいが
施錠され 無人のまま
永く 忘れ去られていた
クローバーの丘の上にある
洋館 ――

行こう
輝く緑 白くまぶしい花が
私を迎えている
六月の朝
クローバーの丘
果ても知れぬ不安も
心震わすさびしさも
すべて背にして
行こう 館へ

第45回『松井商店 ブティックセレクション 成田典子展』

5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クローバーの丘②

関連記事

  1. 5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クロー…

    「お嬢さま お茶は いかが」幻?時は動き出す…

  2. 5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クロー…

    そっくり同じ私は貴女貴女は私遠い昔の館の住人…

  3. 第45回『松井商店 ブティックセレクション 成田…

  4. 5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クロー…

    お帰りなさいませお嬢さま百年閉ざされた洋…

  5. 5月の作品テーマ『クローバーの丘』作品名:クロー…

    眼下に広がる クローバーの丘その果てに もう戻る…

カテゴリー

PAGE TOP