9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車⑤

千秋はことっと一人で降りた
満天の星の中
きらきらと笑っている
汽車は走りだし
千秋!
振り返る私には
キラキラと光る星の中
もうどれが彼女なのか
見つけられなくなっていた

<ものがたり>
私 一人を乗せて 二両の汽車は、
ゴトン ゴトンと走ってゆく。
でも、私はもう 悲しくはない。
なぜなら、五才の千秋は、暗い海の 底ではなく、
輝く星の中にいるからだ。
私はいつでも千秋に会える。夜空を見上げれば、
千秋はいつでも きらきら と笑っている。
私たちは、ずっと ずっと なかよしだ。

9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車④

第27回『松井商店 ブティックセレクション 成田典子展』

関連記事

  1. 9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車…

    ゴトンゴトンと二両の汽車はゴトンゴトンと森の中…

  2. 第26回『松井商店 ブティックセレクション 成田…

  3. 9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車…

    ススキ野原で千秋は大きく手を振ってずっと私を待ってい…

  4. 9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車…

    昔千秋をのみこんだ暗く おそろしい海も今はどこま…

  5. 9月の作品テーマ『二両の汽車』作品名:二両の汽車…

    12才になった私は、一人で汽車に乗り、秋の旅に出る。…

カテゴリー

PAGE TOP